初めてご利用の方へ ポスティング業者の比較ポイント 迷ったらお任せ依頼
contents
全国配布部数表 東京配布部数表
PR
リアルメディアジャパン

ポスティング(チラシ配布)とは、必ず一度は見てもらえる、ダイ...

詳細を見る
準備中
茨城ポスティング

茨城ポスティングは、「水戸市」を中心に「日立市」、「ひたちな...

詳細を見る
週刊新聞サンデーあいづ

一軒一軒ポスティングなので無駄がなく、新聞を取らない方にも見...

詳細を見る
株式会社インプレス

自社での配布組織をしかっり構成しており、 最後の1枚迄、責...

詳細を見る
株式会社トリノバランス

全国47都道府県にて120社以上におよぶ配布ネットワークを構...

詳細を見る
有限会社ルックスマイル

ルックスマイルは、名古屋市内全域をはじめとし、愛知県、岐阜県...

詳細を見る
株式会社トーカンエクスプレス

トーカンエクスプレスでは自社専属のプロフェッショナルがターゲ...

詳細を見る
株式会社アト

世帯数や事業所数などの緻密なマーケティングを行い、確かなデー...

詳細を見る

ポスティング業者を選ぶ3つのポイント

配布スタッフの管理体制

ポスティング広告は安価に広範囲な顧客層にリーチできる広告媒体である一方で、1枚1枚配布員がポストに投函する方法であるため、配布スタッフの管理の甘さ故に、クレームに繋がるポスティングが起きてしまう事も少なくありません。
起こりうるクレームの例としては下記のような例が考えられます。

a, 配布禁止になっている地域、マンションへのポスティング投函

禁止地域、マンションの確認、共有が必要になってきます。
万が一クレームが発生してしまっても、マンション管理側へのお詫び対応、今後の管理体制をしっかりと構築できる業者が望ましいです。

b,指定エリア外への配布等

ポスティング配布員のプロジェクト別の管理体制が充分に出来てない場合に起こりうるリスクです。
プロモーションの結果検証の精度が落ちてしまうため、せっかく枚数を配布しても良いデータがとれず、次回のプロモーションにつなげられません。
こういった業者は一過性の広告活動になってしまうため、継続的な発注がリスキーになります。

c.ポスティング配布員のモラル不足による事故

配布員の教育体制がしっかりとできていない場合に起こりうるリスクとして、チラシが投棄されてしまったり、配られないままになってしまう事故があります。
特に投棄されてしまった場合、はゴミになってしまうため場合によっては近隣住民からのクレームに繋がり、ポスティングによる企業イメージのダウンにもなりかねません。

上記のようにポスティング配布員の管理体制不足により起こりうるリスクがたくさんあります。せっかく広報活動をするのに逆効果にならないためにも慎重な業者選びを心がけましょう。

報告体制

ポスティングの配布活動を行った際に、どのような報告をもらえるのかを事前に確認しましょう。
業者によっては、町丁単位、配布番地、未投函建物まで提示するしっかりとしたポスティング会社から、配って終了の報告をしない業者まで様々です。
お客様が失敗しないよう、発注まえにしっかりと報告体制を聞きましょう。
また、報告体制がしっかりと整っているポスティング会社は、地域分析に基づいた的確なマーケティングデータを保有している場合が多いので、配布計画も効果があがりやすい高品質なものが多いです。

配布単価

ポスティング業者選びの最大のポイントとして、お客様が重視する点としては配布単価があると思います。
安いに越した事はありませんが、「安かろう•悪かろう」という言葉があるように、ポスティング業界では特にこの言葉があてはまります。
ポスティングは配布するコストが一番かかるお仕事ですが、ただ配るだけでは効果は期待できません。
しっかりとしたデータに基づきPDCAを繰り返し成果をあげるポスティング会社はかならず配布以外の部分にコストをかけています。
見積もりをお願いした際に極端に安い業者が合った場合は、理由を必ず伺ってください。

それでもご不安な場合はポスティングマッチにお任せください!

上記のご検討を一度して頂き、それでも適切なポスティング会社が見つからない場合は、当サイトにお任せ依頼をしてみてください。
ご要望に合わせて最適な業者を紹介させて頂きます。
> お任せ依頼へ
> 一括見積もりする